世界に羽ばたくグローバル人材を育てる英語学習オンラインスクール
be動詞

be動詞と英語の人称代名詞とは?be動詞の否定文の作り方と否定文の短縮形

 

今回は、be動詞と人称代名詞、be動詞の否定文について解説します。

 

be動詞と人称代名詞、be動詞の否定文の解説動画

 

 

be動詞とは?be動詞の意味をわかりやすく簡単に

be動詞の意味は、日本語の「です」や「である」という意味です。

「誰々は~です」「何々は~である」という文章の述語にあたる部分です。

つまり、主語の状態や状況を表すときに使うのがbe動詞です。

be動詞は、人称代名詞によって変身します。

 

英語の人称代名詞とは?人称代名詞の意味を簡単に

英語には第1人称(だいいちにんしょう)、第2人称(だいににんしょう)、第3人称(だいさんにんしょう)の3種類あります。

「人称代名詞(にんしょうだいめいし)」なんて、聞き慣れない言葉がいきなり出てきて、やっぱり英語はムリかも…と拒絶反応が出ましたか?笑

言葉は難しそうですが、人称代名詞は、とっても簡単です。

英語の人称を理解するには、まず、2人が会話している場面を思い浮かべるとわかりやすくなります。

英語を話す人たちは、会話をする際に、話をしている人、つまり話し手である自分と、話し相手、つまり聞き手であるあなたで会話が成立していると考えています。

1つ1つ解説しますね。

人称代名詞 第1人称の意味

第1人称は、会話をしている「話し手」のことです。

つまり、話をしている自分なので「私」「僕」のことです。

英語では、「I(アイ)」になります。

第1人称の「I」は、必ず大文字になります。必ず大文字になるので、文の途中でも大文字になります。

人称代名詞 第2人称の意味

第2人称は、会話の話し相手、「聞き手」のことです。

つまり、話し手から見た話し相手なので「あなた」「君」のことです。

英語では、「you(ユー)」になります。

人称代名詞 第3人称の意味

第3人称は、会話の話し手でも話し相手でもない人、つまりそれ以外の「」や「彼女」、「」が第3人称になります。

英語では、彼は「he(ヒー)」、彼女は「she(シー)」、物は「it(イット)」になります。

 

be動詞の一覧表(中1)

英語のbe動詞は、

  • 話し手の私である「I」、
  • 聞き手のあなたである「you」、
  • そのどちらでもない彼「he」、彼女「she」、物「it」

の3種類に分けて、その人称の種類に応じて変化します。

人称 英語 be動詞 意味
第1人称 I am(アム) 私は~です
第2人称 you are(アー) あなたは~です
第3人称 he / she / it is(イズ) 彼 / 彼女 / それは~です

 

be動詞の省略の仕方

be動詞を省略するときは、「’(アポストロフィ)」を使います。

be動詞の形 短縮形
I am~. I’m(イム)~. ※太字を強く発音します。
You are~. You’re(ア)~.
He is~ / She is~ / It is~. He’s(ズ)~ / She’s(ズ)~ / It’s(ッツ)~.

 

be動詞の否定文の作り方

be動詞の否定文は、「~ではない」という否定の意味を表す文のことです。

英語の否定文を作るときは、「~でない」という意味の「not(ット)」をbe動詞の後につけます。

否定文 意味
I am not~. 私は~ではありません
You are not~. 君は~ではありません
He is not~. 彼は~ではありません
She is not~. 彼女は~ではありません
It is not~. それは~ではありません

 

be動詞の否定文の短縮形

be動詞の否定文の短縮形は、

  • 主語とbe動詞を短縮するパターン
  • be動詞とnotを短縮するパターン

の2通りあります。使い分けは特にありません。

ただし、主語が「I」の場合は、発音しづらいので、主語とbe動詞を短縮するパターンしかありません。

否定文 短縮形
I am not~. I’m not~.
You are not~. You’re not~.
You aren’tーントゥ)~.
He is not~. He’s not~.
He isn’tズントゥ)~.
She is not~. She’s not~.
She isn’tズントゥ)~.
It is not~. It’s not~.
It isn’tズントゥ)~.